専門サイトの利用

先ほどまでは美容外科で求められることや、美容外科の給料に関して紹介してきました。魅力的な美容外科ですが、求人の探し方にはいくつか方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため下記で見ていきましょう。

最初に紹介する方法はハローワークを利用する方法です。ハローワークであれば、無料でさまざまなサービスを受けることが可能であり、公的な機関であるため有益な情報につながりやすいです。また、応募資格もゆるめなことが多いこともハローワークの特徴です。ハローワークのデメリットとしては、実際の労働条件とのズレや応募効率が悪いことがあります。

美容整形外科のホームページから直接応募する方法もあります。その病院の給料や福利厚生を知ることができるのですが、内部の情報は載っていないことが多いです。

おすすめの方法としては、看護師の人材紹介サイトを利用する方法です。優良な求人情報が多く集まっており、転職エージェントが付いてくれるものであれば、面接対策などもサポートしてくれます。また、労働条件や給料などに関しても代わりに交渉してくれるため、自分が理想とする美容外科を見つけることができるでしょう。デメリットとしては、担当者の質があります。

気になる年収

美容外科の求人が人気な理由としては、給料が高いこともあります。また、昼間の勤務のみで疾患治療なしでも給料が高く、美容に関する意識を高く持つことが可能です。夜勤をすることなく給料が貰えるというのは、一般病院で働いている看護師にとって魅力的といえるでしょう。

実際に美容外科の求人をみてみると、月給30万円以上というものが多くありますがこれには美容外科の特性が関係しています。美容外科の診療は、保険適用外の自由診療であり、業績給がつきます。そのため、患者様が多く訪れればそれだけクリニックの売上は伸びます。その売上が給料に反映されているので一般病院よりも働く時間が短くても給料が高いのです。

また、美容外科によっては、売上によって報奨金を出すところもあります。報奨金の額が大きいところでは、求人で提示されている月収よりもさらに高くなります。一般病院では、報奨金という制度がないため、美容外科ならではのメリットといえるでしょう。こうした制度があることで、美容外科で働くスタッフの意識は売上を伸ばすことに向きます。つまり、クリニック全体で売上を伸ばすことに協力するという好循環が生まれています。これが美容外科の給料が高い理由なのです。